【2012年 年末のご挨拶】

【2012年年末のご挨拶】

ここ数年間は、園子温監督に明け暮れたピクチャーズデプトでした。

国内ではもうしっかりとした基盤を持っていらした園監督の、ここ数年の海外進出の観点からのみ申し上げますと、カンヌ監督週間へ『恋の罪』(製作・配給:日活)を出品、『ヒミズ』(製作・配給・海外セールス:GAGA)の主演のおふたりがベネチア映画祭で新人賞受賞、そして『希望の国』(製作・配給:ビターズエンド)がトロント映画祭でNETPAC最優秀アジア映画賞を受賞するなど、まさに快進撃の数年間でした。ピクチャーズデプトが海外をハンドリングするか否かに関わらず、監督・園子温をこころから尊敬、応援し、海外の映画人たちへ推薦してきたことで、弊社も大きく成長させていただきました。この場をお借りして鈍牛倶楽部・国實瑞恵社長をはじめ、スタッフのみなさま、そして園監督へ深い感謝の意を表したいと思います。
(さらに…)

ロンドンでいま、三木聡DVD BOXが発売になる、その訳は?

これまたかなりバックデートになりますが、帰りの飛行機の中で書いていたのでした。
今年の私の前半戦は、海外出張ばかりで、自宅に帰ってしばらくは、足下がうわついているくらい、地に足がついていません。。。今日はほんとうに数ヶ月ぶりの完全オフで、ようやく思い出したのでした!

February 24, 2012

ロンドンで開催されているHyper Japanイベント初日。


(さらに…)

映画の出番です!

Tuesday, March 29, 2011

 

 pray_otama.jpg 
“otama”s pray for japan


震災ショックから2週間以上が経過しました。

この間、私は、香港映画祭に参加して1週間ほど日本を離れていたのですが、
どうもそわそわしてしまって、映画関連のニュースを書く気にもあまりなれませんでした。
地震と津波に加え、厳しい風雪。自然の脅威をいやというほど見せつけられた上に、
原発や放射能、ついには生命のすべてである「水」にまで影響が及び、
人間の叡智をすべて試されているような出来事の連続に、
世界全体がそわそわした2週間でした。

(さらに…)

なぜ、募金なのか?なぜ、CIVIC FORCEなのか?

Thrusday, March 17, 2011

【なぜ、募金なのか?なぜ、CIVIC FORCEなのか?】

 

3/11の午後、以前から気になっていた『ブンミおじさんの森』が、

劇場公開1週目にもかかわらずさっそくネット配信が始まったので、

ぼんやりとあのスローライフすぎる映画の世界観に浸っておりました。

 

ブンミおじさんの行方不明になっていた息子が、ぷらりと、

サルの姿になっておうちに帰ってきて、家族の食卓で

 

「僕は森の精霊の仲間入りをしたのでこんな格好になった。

おとうさんの死が近いことを感じ取って、森に、精霊や動物たちが集まっている…」

 

というセリフを言った瞬間でした。

(さらに…)

みんなひとり

Sunday, March 13 2012
荒 ん だ 世 界 に
あ な た よ う な 人 が
い る こ と に   
感 謝
被災地で42時間ぶりに救出されたおじいちゃんが、
「大丈夫、みんなで再建しましょう!」と
笑顔で言っている姿をみて
なんだかこちらが応援されてしまいました。
(さらに…)

1 / 212