ピクチャーズデプト・シネマセレクション  Vol. 19 August 2018

ピクチャーズデプト・シネマセレクション Vol. 19 August 2018

月世界旅行
(2本での総上映時間 135分)
メリエスの素晴らしき映画魔術(ドキュメンタリー)を併映します。

激レア。
偶然発見された、世界初のSF映画!

1902年にフランスのジョルジュ・メリエスが脚本・監督した、
モノクロサイレント映画。

誕生から110年の時を経て、映画の魔術師・メリエスの名作の幻のカラー版発見! 復元版でスクリーンに甦る!!


それは、今とは違い“月”がまだ人間にとってはるか遠い存在だった時代。メリエスは、ジュール・ベルヌの著書「地球から月へ」「月世界へ行く」、H.G.ウェルズの著書「月世界最初の人間」を基に、月旅行への憧れを映画にした。本作は、30シーンから構成される空前絶後の大作で、世界的にも大ヒットし、フィルムの1コマ1コマを手作業で彩色したカラー版も生み出された。しかしその後、新しい時代の到来で没落し、失意のメリエス本人によって、全てのフィルムは燃やされてしまう。こうして長い間、“幻”となっていた歴史に残る名作のカラー版だったが、スペインのバルセロナで奇跡的に発見される2001年、そのプリントはフランス本国に戻されたが、劣化が激しく修復は不可能だった。

時を経た2010年、遂にスペシャリストたちによって、緻密な手作業と最新のデジタル技術を用いたリストア作業が開始されることとなった。こうして完成した復刻版は、2011年、カンヌ国際映画祭にて、かつてない美しさでスクリーンに甦った。

各国の批評家たちから「映画界における今年一番の驚き」と絶賛された『月世界旅行』カラー・レストアバージョン、激レアの映画が逗子に登場します。


<STORY>
天文学会のメンバーである6人の学者が、月世界旅行を企てる。巨大な砲弾に乗って彼らは月に着陸する。そこは、見たこともない景色が広がる奇妙奇天烈な世界だった。探索の途中で、彼らは異星人の襲撃を受ける。奮闘むなしく生け捕りにされた彼らは、月の王に差し出される。果たして彼らは無事に地球に戻れるのか-。



8月25日(土)19:00 開映|21:00 終映
逗子文化プラザ さざなみホール
前売券 1,000円/当日券 1,200円(税込)
主催:ピクチャーズデプト


〈作品情報〉
監督:ジョルジュ・メリエス
上映時間:15分+ 公開:2000年 配給:エスパース・サロウ
原題:仏語: Le Voyage dans la Lune, 英語: A Trip to the Moon

世界中の映画を逗子・葉山で。
見逃したあの話題作をスクリーンで。
ピクチャーズデプト・シネマセレクション

映画予告編 https://youtu.be/YLLeVUC9Fxc
映画公式サイト http://www.espace-sarou.co.jp/moon/
ピクチャーズデプト www.picturesdept.com

ピクチャーズデプト・シネマセレクション Vol. 20 September 2018

ピクチャーズデプト・シネマセレクション Vol. 20 September 2018

ロボット 
2018年9月14日(金)19:00

わけわからんが、面白い!

インド版、ミッション・インポッシブル。
いや、インド版、ターミネーター。
主演は、インドのトム・クルーズ、
いや、インドのアーノルド・シュワルツェネッガー、ラジーニ・カーント。
ダサいぞ!だけど映像スゴくてびっくりだぞ!
そして、やっぱり踊るのか!
想像を絶するアクション!
破格の総製作費37億円!興収100億円のメガヒット!
これぞ、マサラ・ムービーの決定版!
インド映画あるあるで139分もありますが、あっという間です。


<STORY>

あるような、ないような(笑)

感情を持ったロボットが人間のお姫様を好きになってしまい、
なんとかして奪おうとするおはなしです。

2018年9月14日(金)19:00 逗子文化プラザ
https://t.livepocket.jp/e/robot-bollywood

チャイルド・マリッジ 略奪された花嫁

チャイルド・マリッジ 略奪された花嫁

ベルリン国際映画祭2015 観客賞 受賞
サンダンス映画祭2015 観客賞 受賞

アンジェリーナ・ジョリーが
どうしても世界に伝えたかった衝撃の実話。

introduction

アンジェリーナ・ジョリーが世界にどうしても伝えたかった衝撃の実話。いまだに貧困にあえぎ、国民には伝統的な考え方が色濃く根付いているエチオピアは、映画製作本数も極端に少なく、UNESCOの世界映画製作本数の指標にも上がってこないほどです。そんな祖国エチオピアで、数少ない脚本家、演出家として活躍するゼルセナイ・ベルハネ・メハリ監督は、本作の物語の舞台となった小さな村から3時間ほどの都会に生まれ育ち、エチオピアの伝統文化である「誘拐婚」については、ニュースやテレビで見聞きする程度でした。ある時、知り合いの法曹関係者から14歳の少女が誘拐婚の末に夫を殺害し、裁判にかけれたという事件の話を聞き、この不幸な事実を世界へ伝えるべくメガホンをとったのです。そしてこの、世界の片隅で生まれた、ともすれば見逃されてしまうような小さな映画の企画を知り、エグゼクティブ・プロデューサーに名乗り出たのが、アンジェリーナ・ジョリーでした。常々社会問題や男女の平等について意識の高いアンジーが、監督をハリウッドのスタジオに招聘し、自ら編集やポストプロダクションを手がけて完成させたのが、本作「チャイルド・マリッジー掠奪された花嫁」です。

Trailer 日本版予告編

 

Story

舞台となるのは、エチオピア。首都アディスアババから郊外へ3時間。14歳の聡明な女子中学生ヒルトが下校途中、男たちに拐われた。彼女はライフルを手に軟禁生活からの逃亡を図るが、誤って強引に結婚させられそうになった男を射殺してしまう。彼女の村には、結婚のために娘を“誘拐”するという、伝統的な<しきたり>が、いまだに残っていたのだ…。
この事件を聞きつけ、若き女性弁護士、メアッツァ・アシェナフィがヒルトを正当防衛として弁護するために首都から派遣されてきた。メアッツァは村の権威者や現行法と真っ向から衝突し、ヒルトを救うために自らのキャリアすらリスクに晒すことを厭わない。

エチオピアで現実に起こった実話をベースに、社会の建前と、エチオピアの実生活に根強く残る、女性の権利や立場が圧倒的に制限される「家父長制度」との現実的なせめぎ合いをあぶり出し、エチアオピアが国を挙げて男女平等へと転進していく姿をまざまざと描いている。

国家が国家として成長していく物語の本当の主人公は、世界最貧国のひとつであるエチオピアの未来を担う、勇気ある世代の考え方や感受性なのだ。

Credits

公式サイト(英語):www.difret.com
2014年/エチオピア/99分/カラー/アメリカンビスタ/ステレオ
監督・脚本: ゼルセナイ・ベルハネ・メハリ 製作:アンジェリーナ・ジョリー プロデューサー:メーレット・マンデフロ、リーライ・デモッツ、ゼレセネイ・ベルハーン・メハリ 制作プロダクション:A HAILE-ADDIS PICTURES 撮影:モニカ・レンチェウスカ 編集:アグニエスカ・グリンスカP.S.M 音楽:デヴィッド・エガー
出演:メロン・ジェトネ、ティツィタ・ハガーレ  日本配給:ピクチャーズデプト

©2018 pictures dept. All Rights Reserved

NEWS

  • PRESS RELEASE 2018-10-18 18:00pm

    映画『旅するダンボール』本予告が完成! 全米の老舗ドキュメンタリー映画祭 HOT SPRINGS DOCUMENTARY FILM FESTIVALに正式出品決定

    US Amazonで11月、北米VOD配信開始
    2019年には全世界でのVOD配信も決定(日本を除く)

    2018年SXSW FILMスポットライト部⾨に正式出品され、世界が最も注⽬する段ボールアーティスト、島津冬樹氏の活動に迫ったドキュメンタリー映画『旅するダンボール』。12月7日(金)の公開に先駆け、本予告が完成いたしました。島津氏の深い段ボール愛と、段ボールの里帰りプロジェクトが生んだ奇跡を垣間見る予告編となっています。

    2018.12.7(金)YEBISU GARDEN CINEMA/新宿ピカデリー、
    ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)、MOVIX京都、神戸国際松竹、
    MOVIX仙台、MOVIX橋本、ほか全国順次公開

    『旅するダンボール』本予告URL
    https://youtu.be/7nqt-dwWN_M

    また、アメリカの老舗ドキュメンタリー映画祭 HOT SPRINGS DOCUMENTARY FILM FESTIVALへ、正式出品が決定し、現地時間10/24の午後5時から、段ボールアーティスト島津冬樹が招待され、映画祭主催による、特別ワークショップも開催されます。

    SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)、HOT SPRINGS DOCUMENTARY F.F.と、格式高い国際映画祭への招待を契機に、US Amazonでの北米大陸VOD配信、その後2019年には、全世界へ向けてのVOD配信も決定しました。(日本の配信を除く)

    本作の全世界の配給権(日本を除く)を取得したフィルムセールス社の代表、アンドリュー・ハーウィッツ氏のコメント
    「『旅するダンボール』(英題:FROM ALL CORNERS)を見たあと、今までとは自分をとりまく世界を見る目が少し変わりました。そして自分の周りの細やかなことに目が行くようになりました。この素晴らしいギフトを世界中の人と共有できることに、興奮を覚えています」
    (原文:After watching From All Corners, I really saw the world a little differently and started to notice more details around me. I am excited to share this gift with the world)

    【『旅するダンボール』 INTRODUCTION】
    世界30カ国の街角で捨てられた段ボールを拾って、かわいくてカッコいい段ボール財布に。
    不要なものから大切なものを生み出す、いま世界からもっとも注目の<段ボールアーティスト>島津冬樹の活動に迫ったドキュメンタリー映画。
    わたしにもできるかも!と思わず参加したくなる、未来を支えるみんなのアップサイクル!

    旅するダンボールメイン画像
    旅するダンボールメイン画像 ©︎2018 pictures dept. All Rights Reserved.

    【作品情報】
    『旅するダンボール』 ©2018 pictures dept. All Rights Reserved
    公式サイト : carton-movie.com
    Facebook : https://www.facebook.com/fromallcornersthemovie/
    Instagram : https://www.instagram.com/from_all_corners/
    2018年/日本/91分/カラー/アメリカンビスタ/ステレオ/DCP

    日本語字幕:Mika Totechinsky
    出演:段ボールアーティスト・島津冬樹 ナレーション:マイケル・キダ
    監督:岡島龍介 製作:汐巻裕子 撮影・編集:岡島龍介
    音楽:吉田大致 VFX:松元 遼  L.A.撮影:サム・K・矢野

    ■HOT SPRINGS DOCUMENTARY FILM FESTIVAL について
    ビル・クリントン元大統領の故郷として知られる米・アーカンソー州にあるリゾート地、ホット・スプリングの市内中心地で1991年から毎年10月に行われているドキュメンタリー映画祭で、今年で27回目を数える、全米で最も古く、また世界一会期の長い老舗映画祭。世界中からドキュメンタリー映画のバイヤーたちが訪れる、ドキュメンタリージャンルの業界関係者たちにも人気の映画祭のひとつだ。短編ドキュメンタリー部門は、全世界でも数少ないアカデミー賞公認映画祭となっている。昨年は、特別ゲストに女優のキャスリーン・キーナーや映画監督のヴェルナー・ヘルツォークが登壇したことで話題となった。2018年10月19日から10月27日の9日間に渡り、ホットスプリングの中心地にあるリゾートホテル、アーリントンホテルにて行われる。

    映画祭公式サイト https://www.hsdfi.org/ (英語)

    ■全世界配信について
    SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)に正式出品された今年3月、映画祭期間中にUS Amazon が北米のVOD配信権を早々に取得。まずは北米で先行配信を実施する。またその後2019年上半期を目処に、全世界で配信が開始される予定です。また本作にはSXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)出品決定直後にワールドワイドのセールスエージェントが日本を除く全世界配給権を取得しています。

    【最新イベント情報】
    ■11/3(土)Carton島津冬樹 トーク&『旅するダンボール』公開直前・特別試写会
    日時 : 11/3(土) ①13:00 〜 15:30 / ②18:00 〜 20:30
    (上映時間91分/アーティストトーク+Q&A 60分)
    場所 : IID 世田谷ものづくり学校 Presentation Room(110号室)
    東京都世田谷区池尻 2-4-5
    参加費 :無料
    トークゲスト : 段ボールアーティスト Carton 島津冬樹/岡島龍介監督
    定員 : 40名(先着申込み順)
    協賛 : サクラパックス株式会社
    共催 : 株式会社ピクチャーズデプト/Carton
    詳細・お申込みURL : https://setagaya-school.net/event/6677

    ■10/27(土)~31(水) Atelier Carton「旅と段ボール」

    Atelier Carton「旅と段ボール」Atelier Carton「旅と段ボール」

    Cartonの普段の製作現場をご覧いただけるよう、移動アトリエのような展示を開催、公開製作も行います。
    場所:YEAST GALLRY 渋谷
    東京都渋谷区神宮前5丁目28−7 ローヤルタウン神宮前305
    http://www.yeast.jp/
    開催期間: 10/27(土)~10/31(水)
    平日 14:00~21:00 土日 12:00~20:00
    ワークショップのご案内:
    期間中(平日)19:00〜 (土)1回目15:00〜  2回目18:00〜 (日)展示のみ
    ●【要予約】ワークショップのご予約はメールでお願いいたします。Info@carton-f.com
    ●費用3,500円 ※当日会場にてお支払いください
    ●1回につき、定員6名 ※定員になり次第、締め切ります。
    ●平日は18時まで予約可能
    ●お好きな段ボールをお持ちいただいてもOKです。

    ■初の段ボールエッセイ、発売決定!
    「旅するダンボール~捨てられるものから価値あるものへ
    段ボールアーティストの挑戦~(仮)」

    12月に、初の段ボールエッセイ(柏書房刊)の発売も決定しました。発売日等の詳細については公式サイトでお知らせいたします。

  • PRESS RELEASE 2018-10-18

    映画『旅するダンボール』

    世界段ボール工場でのプレミア試写会開催
    世界中の段ボールを集めた段ボールミュージアムも同時開催

    抽選でペア40組80名をご招待!
    日時:11/17(土)11:00~17:00
    場所:サクラパックス株式会社(富山県)

    2018年SXSW FILMスポットライト部⾨に正式出品され、世界が最も注⽬する段ボールアーティスト、島津冬樹氏の活動に迫ったドキュメンタリー映画旅するダンボール。本作について、段ボール生産をはじめとしたトータルパッケージメーカーである、サクラパックス株式会社のメインスポンサー就任が決定し、12月7日(金)の公開に先駆け、同社工場内で、世界初の試みとなる映画試写会の開催が決定いたしました。また、島津冬樹氏が手がける段ボールミュージアムも同時開催いたします。

    ◆世界初の段ボール工場内での試写会決定!

    段ボール映画の試写会で最もふさわしい場所は、段ボール工場の他にありません。

    段ボールに囲まれ、段ボールの匂いに包まれた会場で見る映画は、格別な体験になると考えています。試写会への応募については、映画のオフィシャルページを通じて広く募集してまいります。また、富山県内においては、期間限定のTVCMを放映します。(主催:ピクチャーズ・デプト/提供:サクラパックス株式会社)

    一日限りの特別な環境で、本作をより深くお楽しみいただける試写会へのご参加をお待ちしております!

    ボールミュージアムについて

    世界でも珍しい試みである段ボールミュージアムを同時開催いたします。試写会会場の段ボール工場内で、島津氏が世界中で拾い集めた段ボールコレクションや、自身が製作した段ボール財布も展示いたします。世界中の段ボールのデザインを楽しむことができるだけでなく、<アップサイクル>に触れることができる貴重な機会となります。

     

    段ボール工場プレミア試写会/段ボールミュージアム 概要

    日時 : 2018/11/17
    段ボールミュージアム  11:00 〜 17:00
    『旅するダンボール』プレミア試写会 14:00 〜 16:15

    場所 : 株式会社サクラパックス 段ボール工場内 (富山県富山市高木3000 

    プログラム :
    11:00 段ボールミュージアムオープン (~17:00)
    14:00  プレミア試写会開演
    (舞台挨拶:段ボールアーティスト  島津冬樹/監督 岡島龍介/プロデューサー 汐巻裕子)
    14:10 上映
    15:40 終映
    15:45 アフタートーク(段ボールアーティスト  島津冬樹/監督 岡島龍介/プロデューサー 汐巻裕子)
    16:15 終演

    <応募要項>
    抽選でペア40組80名をご招待いたします。
    申込みは『旅するダンボール』のHP、またはハガキでご応募いただけます。

    ◯Web応募フォーム : http://qq2q.biz/MopU

    応募締切 : 11/9(金)23:59  /  当選者通知 : 11/12(月)

    ◯ハガキ : お名前/ご住所/電話番号を記載のうえ、
    〒938-0027 富山県黒部市中新398 株式会社ミツイ内
    「旅するダンボール 試写会受付」までお送りください。

    応募締切:11/9(金)まで(消印有効)
    当選発表:11/12(月)までに当選された方にご連絡いたします

    ■段ボールアーティスト・島津冬樹について
    いま世界が最も注目する段ボール・アーティスト、島津冬樹。
    本人は自身を段ボールピッカーとも呼ぶ。これまでに世界30カ国を巡り、なにげない街角から捨てられた段ボールを拾ってきた。もう8年間もの間、誰もが見向きもしない段ボールを、デザイン、機能性を兼ね備えた段ボール財布に生まれ変わらせている。こうして島津が生み出す段ボール財布は世界中を旅して、リサイクルや再利用といった概念のさらに先を行く<アップサイクル>の可能性を伝えている。
    島津冬樹 Carton 公式サイト carton-f.com

    配給・PRお問合先:www.picturesdept.comのお問合せリンクよりお願いいたします。

  • 富山経済新聞でご紹介いただきました。

     

    富山 x Carton 旅するダンボール展開催中(〜8/26まで)
    イベント詳細はこちら

     

     

    *カーソルを合わせると記事などのリンク先に飛びます。