top > blog
インド映画の底力、お見せします。

わけわからんが、面白い!

「ロボット」9/14(金)夜7時

ピクチャーズデプト・シネマセレクション Vol. 19 
September 2018

インド版、ミッション・インポッシブル。
いや、インド版、ターミネーター。

主演は、インドのトム・クルーズ、
いや、インドのアーノルド・シュワルツェネッガー、ラジーニ・カーント。

ダサいぞ!だけど映像スゴくてびっくりだぞ!
そして、やっぱり踊るのか!君たちわっ!

想像を絶するアクション!
破格の総製作費37億円!興収100億円のメガヒット!
これぞ、マサラ・ムービーの決定版!

インド映画あるあるで177分もありますが、
あっという間です。

ストーリー。あるような、ないようで、
ちゃんとあります。
世界最強のロボットが、開発者の婚約者に横恋慕。

人知を超えた知能をもった機会も、結局悩みは、恋なのね!

もちろん、昔の映画です🎬
昨今大ブレイクした『バーフバリ』であっと驚いてる人に
インド映画界の底力をお見せします!

めちゃくちゃ手が込んでて、
ド派手にやらかしてるのに、
タイトルは、超単純に「ロボット」
インド映画のそゆとこ、すき。

ボリウッドおなじみミュージカルシーンに
♪君は、ハチミツの中のワサビ。という歌詞があるんですが
どんな食べ物ですか?

 

当時のPRで、ラスト40分がすごい!ってあるんですが、
ラスト長すぎです(笑)

あと、失恋してバージョンアップした
ロボット2.0が、いくらなんでも強すぎます。

どうぞ余計なことはあれこれ考えずに
お楽しみください。

 

9/14(金)夜7時『ロボット』上映会
ピクチャーズデプト・シネマセレクション vol. 19
オンラインチケットはこちら

会場:逗子文化プラザ さざなみホール 交通案内

 

shonan beach FMで、『ひまわり』とミュージカルを語る。

ピクデプ映画バイヤーのしおまきが、
映画のあれこれを語るラジオの時間。
Shonan Beach FM 78.9MHz WEEKEND by The Sea
「ピクチャーズデプトシネマセレクション」

毎週土曜日、朝11時から放送しています。
インターネットでも聴けるので、よろしければぜひ。

先週、リスナーの方から「最近ミュージカルが好き!」というおたよりをいただいたので、
私の大好きな「南太平洋」をご紹介しました。

番組内ではご紹介しきれなかったですが、
中学生の頃、積極的にブロードウェイ・ミュージカルの映画化を観ていた私の
新旧オススメのミュージカルです。
『雨に唄えば』いわずとしれたミュージカルキング、ジーン・ケリーの代表作ですね。
私は、中でも朝まで語り尽くしちゃって、あら、朝だわーって浮かれている
Good Mornin’のタップダンスのシーンが大好きです。
『略奪された七人の花嫁』
田舎の農家の七人兄弟にお嫁さんを獲得しようというコメディなんですが、

今みたら、ちょい時代錯誤な表現もありますが、
ウブで奥手な農夫たちにレディの扱い方を教えるシーンはかわいらしいです。

 

『王様と私』
粗野な王様、ユル・ブリンナーをデボラ・カーがお上品に仕立てていくお話です。
あらゆるところでカバーされているナンバー『SHALL WE DANCE?』があまりにも有名ですね!
そういえば、最近では渡辺謙さんがブロードウェイで『王様と私』の舞台に立ったことが
ニュースにもなりましたね。

『オペラ座の怪人』は、なんとこれまでに9回も映画化されています。
中でも、2004年のジョエル・シューマッカー監督版が好きです。
ファントム役をジェラール・バトラーが、クリスティーヌをエミー・ロッサムが演じました。

特にエミーのTHINK OF MEは、素敵でした!
透明感のある歌声は、思わず地下に潜むファントムの耳にも届いてしまいましたね。
しかしこの映画、最新作と思っていたら、もう14年も前なんですか?!

ミュージカル映画は50年代後半に多く作られ、
ブロードウェイの舞台のミュージカルの映画化が多いんですが、
最近のヒット作『ラ・ラ・ランド』は、
往年の古典的なミュージカルを踏襲しながらも
若いジャズ好きの監督のオリジナルストーリーなのが、面白かったです。

ミュージカルってどうも苦手。という方、

ミュージカルは、急に急に歌い出して、踊り出す。
わたし、いま、ハッピーなんです!という
ポジティブでシンプルな作品が多いですが、

中には、そんなにウカレポンチの話でもなく
テーマは重たいミュージカルもあります。

例えば、

ビヨークが主演して世界中で話題となった『ダンサー・イン・ザ・ダーク』が代表例です。
ミュージカルなのに、お話に救いが全くありません。
この作品は、世界中から芸術作品が集まるカンヌ映画祭でも高く評価され、
2000年に最高賞のパルムドールを受賞しました。

・・・が、監督のラース・フォン・トリアは、その後2011年に
ナチスに共感できるという主旨の発言を同じくカンヌ映画祭の記者会見でしてしまい、
ペルソナ・ノン・グラータ(歓迎されない人物)として、映画祭から「永久追放」されてしまいました。
(*トリアー監督は、今年のカンヌで7年ぶりに謹慎?と解かれて新作で参加しています)

当時から賛否両論でしたが、
ウカレポンチ系のハリウッド王道ミュージカルが苦手な人は
思わず引き込まれてしまう、
歌姫ビヨークの熱演と熱唱に酔いしれてみてはいかがでしょうか?

カンヌ映画祭の世界最大級のスクリーンでこの作品のプレミアを観た時は、
お話の力強さもそうなんですが、ビヨークがあまりに演技が巧くて、びっくりしました。

番組の同録は以下でお聴きいただけます。

8/4 「ひまわり」を語る回
8/11 「ひまわり」と「南太平洋」を語る回

『ひまわり』の上映会は、8/15(水)14:30と19:00の2回です。
場所は 逗子文化プラザ2F なぎさホール

前売券のネットはこちら(昼の部夜の部
逗子文化プラザの受付でもご購入いただけます。

アンジェリーナ・ジョリーの『チャイルド・マリッジ』INTROムービー

奪ったのは、少女の明日。

アンジェリーナ・ジョリーによる映画紹介

『チャイルド・マリッジ 略奪された花嫁』のプロデューサーを務めるアンジェリーナ・ジョリーは、当初から本作を企画したわけではありません。この映画に出会い、世界中の人に観てもらいたいと、映画制作の環境が整っていないエチオピアから監督をハリウッドへ呼び、自らも編集室へ入って一緒に作品を仕上げ、世界中の配給会社へも積極的に公開を働きかけました。

本作はエチオピアのアカデミー賞・外国語映画賞ノミネート作品の代表として選ばれました。残念ながら最後の9本には残りませんでしたが、年間の映画製作本数が極端に少なく、UNESCOが発表している各国の映画製作のランキングデータにすら上がってきません。
*海から始まる?!のブログに詳述されていましたので引用させていただきました。

そんな国で、この実話を描こうとした監督と製作者たちの勇気を称えるかのような原題となっています。(プレス資料によると、DIFRETとは、エチオピア語で勇気という意味と、レイプという意味のダブルミーニングだそうです)

私も、もしアンジーがここまで力を入れてくれなかったら、
映画のマーケットにも出てこないエチオピアの映画を
日本で紹介することはなかったかもしれません。

宣伝的な目を引くために衝撃の実話!と謳っていますが、映画の本質を考えれば、もっと堅実に広がってくれたらいいな、と思っている映画です。ですが、それだと多くの人に観てもらえないというジレンマがあります。きっとアンジーも同じ思いで手を差し伸べたのでしょう。

映画は、知らない世界を知ることができる
メディアであり、ナレッジのツールです。
ぜひご覧ください。

<YouTubeで日本語訳アクセスが禁止モードになっていましたので
 こちらに翻訳をつけます>
————————————————————
初めてこの「Difret」という映画を観た時、
フィルムメイカーたちがこの物語を
私たちに伝えてくれたことに、
涙とともに感動を覚えました。

悲しくて、希望に溢れ、
古典的で、新しい。
”児童誘拐婚”という悲劇的な伝統
そして悲しい文化は変えられるという可能性を
伝えてくれています。

監督のゼレセネイ・メハリと製作チームに
お祝いを申し上げます。

「チャイルド・マリッジ」のような映画を
継続的にサポートし製作を支援することは
とても重要なことだと思います。

このような映画を作るフィルムメイカーたちは
エチオピアを始め問題に苦しむ国の現状に光を当て、
私たちに映画を作ることの意義を教えてくれるからです。

ありがとうございました。
映画をお楽しみください。
————————————————————

日本版予告編
http://picturesdept.com/jp/

2018.8.10より
Amazonプライムビデオ ミニシアターで先行配信中。

チャイルド・マリッジ 略奪された花嫁 Amazonプライムビデオ ミニシアターで配信開始!

本日(2018.8.10)よりAmazonプライムビデオ ミニシアターで
『チャイルド・マリッジ 略奪された花嫁』の先行配信が開始しました。

アンジェリーナ・ジョリーが
どうしても世界に伝えたかった衝撃の実話。

日本版予告編

introduction

アンジェリーナ・ジョリーが世界にどうしても伝えたかった衝撃の実話。いまだに貧困にあえぎ、国民には伝統的な考え方が色濃く根付いているエチオピアは、映画製作本数も極端に少なく、UNESCOの世界映画製作本数の指標にも上がってこないほどです。そんな祖国エチオピアで、数少ない脚本家、演出家として活躍するゼルセナイ・ベルハネ・メハリ監督は、本作の物語の舞台となった小さな村から3時間ほどの都会に生まれ育ち、エチオピアの伝統文化である「誘拐婚」については、ニュースやテレビで見聞きする程度でした。ある時、知り合いの法曹関係者から14歳の少女が誘拐婚の末に夫を殺害し、裁判にかけれたという事件の話を聞き、この不幸な事実を世界へ伝えるべくメガホンをとったのです。そしてこの、世界の片隅で生まれた、ともすれば見逃されてしまうような小さな映画の企画を知り、エグゼクティブ・プロデューサーに名乗り出たのが、アンジェリーナ・ジョリーでした。常々社会問題や男女の平等について意識の高いアンジーが、監督をハリウッドのスタジオに招聘し、自ら編集やポストプロダクションを手がけて完成させたのが、本作「チャイルド・マリッジー掠奪された花嫁」です。

Story

舞台となるのは、エチオピア。首都アディスアババから郊外へ3時間。14歳の聡明な女子中学生ヒルトが下校途中、男たちに拐われた。彼女はライフルを手に軟禁生活からの逃亡を図るが、誤って強引に結婚させられそうになった男を射殺してしまう。彼女の村には、結婚のために娘を“誘拐”するという、伝統的な<しきたり>が、いまだに残っていたのだ…。
この事件を聞きつけ、若き女性弁護士、メアッツァ・アシェナフィがヒルトを正当防衛として弁護するために首都から派遣されてきた。メアッツァは村の権威者や現行法と真っ向から衝突し、ヒルトを救うために自らのキャリアすらリスクに晒すことを厭わない。

エチオピアで現実に起こった実話をベースに、社会の建前と、エチオピアの実生活に根強く残る、女性の権利や立場が圧倒的に制限される「家父長制度」との現実的なせめぎ合いをあぶり出し、エチアオピアが国を挙げて男女平等へと転進していく姿をまざまざと描いている。

国家が国家として成長していく物語の本当の主人公は、世界最貧国のひとつであるエチオピアの未来を担う、勇気ある世代の考え方や感受性なのだ。

Credits

公式サイト(英語):www.difret.com
2014年/エチオピア/99分/カラー/アメリカンビスタ/ステレオ
監督・脚本: ゼルセナイ・ベルハネ・メハリ 製作:アンジェリーナ・ジョリー プロデューサー:メーレット・マンデフロ、リーライ・デモッツ、ゼレセネイ・ベルハーン・メハリ 制作プロダクション:A HAILE-ADDIS PICTURES 撮影:モニカ・レンチェウスカ 編集:アグニエスカ・グリンスカP.S.M 音楽:デヴィッド・エガー
出演:メロン・ジェトネ、ティツィタ・ハガーレ  日本配給:ピクチャーズデプト
©2018 pictures dept. All Rights Reserved

 

湘南ビーチFM 78.9MHz WEEKEND by The Seaコーナー「ピクチャーズデプトシネマセレクション」

毎週土曜日朝11時から、
湘南ビーチFM 78.9MHz WEEKEND by The Seaでの映画コーナー
「ピクチャーズデプトシネマセレクション」で、
ピクチャーズデプトの映画バイヤー、しおまきゆうこが
公開中や上映会などで観られるオススメ映画を
DJ江刺家愛さんセレクトの映画にちなんだMUSICとともに紹介しています。

番組公式サイトの「Listen Now」ボタンで全国どこからでも
インターネットで視聴できます。

週末のんびり過ごす朝、今週はなにをみようかな?
と思ったら、ぜひ参考にしてみてください。

先週の「ひまわり」の回を聞き逃してしまった方、こちらからどうぞ。
ヘンリー・マンシーニの名曲「愛のテーマ」、思い出していただけます♪

1 / 2412345...1020...最後 »