『私はゴースト』に 激レア登壇者決定!ピクチャーズデプト・シネマセレクション Vol. 6

ピクチャーズデプト・シネマセレクション Vol. 6 |『私はゴースト』に
映画ファン、ホラーファンとしてはかなりテンションあがる激レア登壇者決定!

12/14(木)19時から 逗子文化プラザホールの上映会「私はゴースト
上映前に「最近の洋画の邦題はどうなってるんだ会議」を行います(笑)

なんと!数々の歴史的ホラー映画の邦題を手がけてきた、
映画評論家の江戸木純さんに登場していただくことが決定しました!
江戸木さんのツイッター https://twitter.com/edokijun

江戸木さんといえば、ホラーを語るなら外せない往年のカルト映画『死霊の盆踊り』(歴史に残るZ級ホラーで、ググっても酷評しか出てこない逆に名作)や、ドイツが誇るカルト映画『ベルリン忠臣蔵』(赤穂浪士が西ドイツを猛襲)などをはじめ、数百本の日本未公開作品の邦題を手がけてこられた大ベテランです。(なかなかのアレな映画を魅力的に見せるのが、映画の邦題であり、キャッチコピーであると、私は思っており、その点で江戸木さんの功績はとてつもなく大!)

私は、江戸木さんが手がけた『死霊の盆踊り』という邦題の秀逸さもさることながら、
悪魔の毒毒モンスター』という馬鹿馬鹿しいタイトルも大好きで、
これも江戸木さんかと思っていたら、
こちらは本作配給会社、松竹富士クラッシック(いまはなき)の部長の発案だったとか。

このように、邦題に関して知り尽くしている江戸木さんは、
もはや映画界の生き証人と化していますが、
最新で手がけた『世界でいちばんのイチゴミルクの作り方』の戦略についても、
ついでだからいろいろ聞いちゃいたいと思っています。

なんといってもあの伝説のマサラムービー『ムトゥ踊るマハラジャ』を発掘し、インド映画ブームを作った張本人、『ロッタちゃん、はじめてのおつかい』を発掘し、「長靴下のピッピ」を生んだスカンジナビアのこども映画を日本で大人のエンタメに衣装替えした立役者、と、仕掛けをあげたらキリがない大物プロデューサーでもありますw。

映画ファンのみならず、映画のPRに関わっている人は
必聴のレアイベントになることは間違いなし!
会場にきた人だけが、これからの映画の行く道が見えるかもしれませんよ。

最近の洋画の邦題、どうなってんだ会議:
登壇者

特別ビッグゲスト:江戸木純
聴き手:ホラー映画ファン代表・『私はゴースト』バイヤー 小川 公貴 (Kimitaka Ogawa)
ナビゲーター:しおまきゆうこ(ピクチャーズデプト代表)

おトクな前売チケットはこちらから https://t.livepocket.jp/e/ghorst

ストックホルム国際映画祭「希望の国」スカンジナビアプレミア

November 15, 2012, STOCKHOLM

昨日は、トウキョウで脳科学者の茂木健一郎さんと園子温監督のニコ生ライブ対談がありましたが、私は遠く北欧ストックホルムからライブ視聴。モギケンの司会がスベッてるのでは、というきびちい突っ込みがあったようですが、おそらく諸般のっぴきならない理由があってのことと勝手に察し、私はむしろ、茂木さんのあくなき好奇心とあくまでもフェアな博愛の精神に、ほほうと唸っておりました。ネット上に流れてくるコメントはいつも通り笑ってしまうものが多かったですが、細かいことはさておき、全般的には茂木ファンと園ファンという対立軸が実に面白いトークセッションでした。「事実はひとつ見方はふたつ」。ふたりとも目的と伝えたいことは同じだけど、アプローチが違う、こういうクリエイターのぶつかり合いは、ぎりぎりの危うさを孕んでいて、傍観者である私たちをワクワク(ハラハラ?)させてくれますね。
(さらに…)

『希望の国』放射能まみれのがれきの中に希望の光を求めて|The Japan Times記事日本語版

The Japan Timesに掲載された公開中の映画『希望の国』の批評につき、
とても興味深い記事でしたので、記者の許可を得て英訳を掲載いたします。

Friday, Oct. 26, 2012 FILM REVIEW

『希望の国』放射能まみれのがれきの中に希望の光を求めて By マーク・シリング

 

 

ついこのあいだまで、園子温といえば海外では主に2001年の世界的なヒット作『自殺クラブ』に代表される衝撃的なカルト作品の監督としてよく知られていた。毎回衝撃度が高い監督の最新作は、これまでよりも深刻なものとなっている。『ヒミズ』はもともと不満を抱える若者を取り上げた日本映画の伝統に連なるものとなるはずだった。が、2011年、東日本大震災の直後に、園監督はこの作品を「苦悩する10代の少年と周囲の人々に三重の被災がどういう影響を及ぼしたか」というドラマに昇華させた。激しい暴力はいつものことだが、『ヒミズ』のエンディングでは予想外のカタルシスが得られる。
(さらに…)

PRESS RELEASE | 園子温監督最新作『恋の罪』 カンヌ映画祭監督週間へ出品決定!

PRESS RELEASE
April 19, 2011 18:00 JST – pictures dept.

鈍牛倶楽部/ピクチャーズデプト「恋の罪」(英題:Guilty of Romance

カンヌ映画祭 監督週間に出品決定

園子温監督最新作『恋の罪』が、5月11日よりフランスで開催となる、第64回カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品されることが決定しました。作品の正式招待を受け、ドイツのセールスエージェントによる全世界配給権の買付けも決定しております。同社は前作『冷たい熱帯魚』の海外配給の成功例、特に北米都市での劇場公開が決まったことなどから、園作品の海外バイヤーからの期待が高まったとして積極的な海外展開をプランしており、「恋の罪」はカンヌ映画祭併設映画見本市(Marche du Film)にて映画祭上映と並行してマーケットプレミアされ、各国のバイヤーへも披露される予定です。

(さらに…)

仲里依紗/時をかける少女 台湾公開決定

Tuesday, 25, January 2011
『時をかける少女』の台湾での劇場公開が2/4に決定しました!
timetraveler_poster_movie_tw_130_20110114.jpg 

すでに昨年末、香港、シンガポールでも公開された仲里依紗主演の実写版
『時をかける少女』の台湾での公開日が決定しました。
2/4よりCatch Play 配給で公開となります。
昨年、上海国際映画祭で谷口正晃監督が
世界新人監督ベスト10に選ばれたこの作品は、
中国でも若い観客に大絶賛されまして、
なぜか現地に監督の代理で行っていたセールス担当の私が、
サイン攻めにあい、出待ちされるという、熱狂ぶりでした。
調子に乗って、サインしました。
写真も撮りました。チャイナの里依紗ちゃんファンと。
(さらに…)